別の話、という意味の英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

別の話(それとはまた話が別だ)は英語で何と言えば良いでしょう

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: ラグビーは好きじゃないと言ったよね。
You said you didn’t like Rugby.

B: うん、でもそれはまた別の話だよ。
Year, but that’s a ( ) of another color.


ヒントを見る前に自分でいろいろと考えてみて下さい。



【ヒント】
競争させてお金をかける動物は何でしょう。


解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: You said you didn’t like Rugby.

B: Year, but that’s a (horse) of another color.


a horse of another color で「別の話」という意味のイディオムになります。

another が different になることもあります。

馬は生まれた時にその色も一緒に登録されるそうなのですが、歳をとるにつれ、その色も少しずつ変わるようです。

そして、別の所に売られたりすると、最初に登録された色と違ったりすることがあるということです。

つまり、「同じ馬でも色が違う」から「違う話をしなければならない」、つまり「別の話である」といったようなちょっと分かりにくい解釈になるでしょうか。

ピンとこない時には丸覚えして下さいね。

直訳的には、「他の事」ということで different story や something else などが使えます。

I think that Blood type and personality are basically a diffrent story.
「血液型と性格は根本的に別の話だと思います。」

You know, this story is something else.
「あのね、この話は別の話なんだよ。」

ページトップ