いかれる 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

いかれる(壊れる)

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 僕のパソコンはしょっちゅういかれちゃうんだよ。
My PC goes ( ) so often.

B: 別のを買ったら。
Why don’t you buy another one?

ヒントを見る前に少し自分で想像したりすることも大事です。



【ヒント】
果物の一種で、複数形にします。

解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: My PC goes (bananas) so often.

B: Why don’t you buy another one?


go bananas で「(機械などが)いかれる、(人の)気が狂う」などの意味を表します。

このイディオムの由来としては、猿がバナナを見ると、異常に興奮する様子から来ているともされているようです。

チンパーンジやサルなどの類人猿はバナナが大好物みたいですから、そういう様子は非常に想像しやすいですよね。

また、この場合の bananas と、いつも複数形の形になりますが、複数形ではないことに注意して下さい。

bananas 自体が「(頭が)いかれた」という crazy のような意味で使われているので、次のようにbe動詞の直後にも使えます。

At first I thought she was completely bananas.
「最初、彼女は完全に(頭が)いかれてると思ったんです。」

この言葉の由来となった猿は類人猿ape(エイプ)のことでもあるので、go ape としても同じ意味で使われます。

Seeing snow for the first time, my kids were going ape this morning.
「子どもたちは雪を初めて見て、今朝は大騒ぎをしていました。」

ところで、cool という単語は「いいね、カッコいい」などの意味でよく聞きますよね。

これに bananas を付けて、cool bananas という言い方もあり、特に若い人の間で「超カッコいい、調子がいい」など OK とかの代用としても使えます。

Why don't go to the beach to pick up chicks(girls) now.
「女の子をナンパしにビーチに行かないかい?」

Cool bananas!
「超イイネ。」

ページトップ