一夜漬け 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

(一夜漬けで)勉強する

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 今夜あの間抜けな映画を見に行こうぜ。
Let's go to see that silly movie tonight.

B: 今夜は明日の試験に備えてめっちゃ勉強しなければいけないんだよ。
I've got to ( ) up for tomorrow's exam tonight.


※ silly 間抜けな 愚かな

★ヒントを読む前に、できるだけ自分でいろいろ考えてみると記憶に残りやすくなるでしょう。



【ヒント】

肉を切らせて〇〇を切る。


解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: Let's go to see that silly movie tonight.

B: I've got to (bone) up for tomorrow's exam tonight.


bone up で「勉強する」という意味を表します。

語源の一つには、その昔、骨を使ってなめし革を磨いていたことから、「磨く」→「知識を磨く」というような使い方がされるようになったというものがあります。

普通に「勉強する」と言えば study という簡単な単語がありますね。

しかし、この場合の勉強は、「(試験に備えて)詰め込み的に勉強する」というような意味で使われるので、単に“勉強”するということではありません。

つまり、“一夜漬けの勉強”ということです。

これは、まさに会話的なイディオムであり、堅苦しい英文に使うことは好ましくありませんので、その点は注意して下さい。

イディオムでなければ study (very) hard とすれば問題ないでしょう。

個々の科目を目的語とする場合には、study なら study English とできますが、bone up では bone up on English と、on が必要になります。

さて、「一夜漬けをする」という動詞なら cram(クラム)という単語が使えます。

これは、 「詰め込み勉強をする」という意味で、cram school とし、よく「(学習)塾」の英訳として使われる言葉です。

ページトップ