負けを認める 英語イディオム

> > 負けを認める
英語慣用句

負けを認める、を英語慣用句で表現するには

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A:彼には勝てないと思うよ。
I don’t think you can beat him.

B:僕は絶対に負けを認めるつもりはない。
I’m never going to cry ( ).





【ヒント】

親戚の男性を何と言うでしょう。


解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: I don’t think you can beat him.

B: I’m never going to cry (uncle).


cry uncle は「降参する、敗北を認める」という意味のイディオムです。

これは say uncle とも言います。


このイディオムの由来には諸説あるようなのですが、一番簡単そうなものを紹介します。

それは、いじめっ子たちが、弱い子供たちをいじめた時に、大人の助けを求めるように「叔父さんを呼べ」みたいに言わされた言葉だとも言われているようです。

これは何となく分かるような気がしますよね。

ただ日本なら、呼ぶのであれば叔父さんではなく、お父さんやお母さんになるような気がしますね。


「降参する」と言う意味の単語であれば surrender(サレンダー)がありますが、これは特に軍隊に言及して使われることが多いでしょう。

The enemy surrendered when they saw our strong weapons.
「敵は我々の強力な兵器を見て降参した。」


また、他の慣用句であれば give in や give up などでも似た表現ができます。

You'd better give in immediately if you don't want to lose all your fortune.
「全財産を失いたくなければ、今すぐに負けを認めた方がいいぞ。」

ページトップ