間違いを認める 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

間違いを認める、という言い方を英語で表現する

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: ごめん、間違いを認めるよ。答えは4番だったよ。
Sorry, I’ll eat ( ). The answer was 4.

B: ね、言ったでしょ。
See, I told you.

※ この see は「見える」というような意味ではなく、
【ヒント】

真っ黒い鳥と言えば、どんな鳥でしょう。

解答と解説

A: Sorry, I’ll eat (crow). The answer was 4.

B: See, I told you.


eat crow で「間違いを認める」という意味を表すイディオムになります。

真っ黒い鳥と言えば、“カラス /crow”が最初に浮かんだのではないでしょうか。

ところで、なぜカラスを食べることが「間違いを認める」というような話になったのでしょう。

この語源の一説は、1812に始まった米英戦争のさなか、1人のアメリカ人が銃で撃ち落としたカラスがイギリスの領地(アメリカ本土のイギリス軍が侵攻していた地域?)に落ち、それを見つけたイギリス軍の兵士が銃を突きつけ、そのカラスをアメリカ人に無理やり食べさせたというものです。

ちょっとなが~い話になりそうなので、ここら辺りにしておきましょう。

ではなぜカラスを食べさせることが、このイディオムのような意味になるかというと、カラスというのは同じ鳥でも、鶏やハト、カモなどとは違って、非常に味がまずいのだそうです。

そこで、カラスを食べるということは”屈辱をなめる”といったことになり、そこからこのような意味で使われ始めたという、嘘か誠かという話になっているようです。

さて、この表現を忘れた時には、直訳的にこれを言えるようにしておく必要もあるでしょうから、例文をあげてみたいと思います。

まず admit(アドミット・認める)という動詞を使うと次のようにも言えます。

I admit (that) I was wrong.
「私が間違っていたことを認めます。」

ところで、eat crow は eat dirt とも言います。

dirt は「泥、土」のことですから、食べなくても、その味はまずいと思うはずです。

ページトップ