無一文になる 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

無一文になる

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: スミスさんの会社はつぶれたらしいね。
I heard Mr. Smith's company went under.

B: ああ、そのせいで彼は無一文になったんだ。
Yes, he's lost his ( ) beccause of it.


★ヒントを見る前に、まずはいろいろ自分で考えてみましょう。



【ヒント】

日本語では、「身ぐるみをはがされる」などとも言いますね。


解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: I heard Mr. Smith's company went under.

B: Yes, he's lost his (shirt) beccause of it.


lose one’s shirt で「無一文になる、全てを失う」などの意味になります。

これを直訳すれば「シャツを失う」となりますが、着ている物まで全て失ってしまうということで、ヒントにあるように、日本語の「身ぐるみをはがされる」に相当するでしょうか。

その語源はと、調べてみますと、ポーカーなどの賭け事をして、最後に残ったのが shirt だからというようなものもありました。

こういうものはやはり世界共通なのでしょうね。賭けるお金がなくなり、身に付けている物の最後が「服」ということになるわけですが、さすがにパンツ(underoants)は賭けるわけにはいかないでしょうね。

「無一文になる」は「お金を全て失う」ということですから、これを直訳で英語にすれば lose all one's money となりますね。

上の会話文をこれに変えれば次のよう言えますよ。

He's lost all his money.

このイディオムをを忘れた時にも、十分これで間に合います。

ここでの He's は He has のことで、現在完了形の略です。

さて、この会話の中には、他にも説明しなければならない英語表現がありますね。

まず went under は go under の過去形であることは言うまでもありませんが、これで「破産する」という意味にもなります。

標準的な言い方なら go bankrupt(バンクラプト)という語句で表現できます。

はっきり言って、こっちの方が使われている単語は難しいのですが、go under は「負ける、沈む」などの他の意味でも使われるので、初級者ばかりでなく、中級レベル以上の方にとっても、逆に覚えにくいものなのです。

このように動詞と前置詞を合わせたものを、郡動詞とか句動詞などと呼びますが、ネイティブたちはこういうものもたくさん普通の会話の中で使っています。

次に beccause of ですが、これは「~のせいで」という意味の熟語です。

Beccause of the strong wind, the plane couldn't take off.
「強い風のせいで、飛行機は離陸できなかった。」

ページトップ