報いを受ける 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

報いを受ける



●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 嘘をついたら、その報いを受けることになるぞ。
If you tell a lie, you will face the ( ).

B: 神にかけて誓うよ。僕は嘘なんか言ってないよ。
I swear to God. I'm not telling a lie.


★ヒントを読む前に、まずはご自分でしっかり考えてみるとよりいいと思いますよ。

※ swear(スウェア) は「誓う」という意味ですが、I swear to God. も決まり文句なので覚えておくと良いでしょう。


【ヒント】
報いとは正反対と思えるような単語が入ります。

解答と解説

A: If you tell a lie, you will face the (music).

B: I swear to God. I'm not telling a lie.


正反対と思えるような単語とは music のことでした。

報いに音楽とは、チョット的外れなような気がしますが、face the music で「報いを受ける」の意味になります。

楽しいのに、何で苦しみを味わわなければならないのでしょうね?

これは、19世紀の中ごろにアメリカで使われ始めたそうです。

由来にはいくつかの説があって、はっきりしませんが、その1つには、不名誉な理由で軍隊を除隊するときなど音楽隊が演奏をしている間、その方向に顔を向けておかなければならず、辛い気持ちに耐えなければならなかったところからも来ているようです。

つまり、音楽自体が報いを受けるというようなものではなく、その音楽を聴かなければならない背景が報いを受けるということのようですね。

face は別のイディオムのところでも説明していますが、「~に顔を向ける」といった意味もあるので、この英文を直訳すると「その音楽に顔を向ける」となりますね。

music を使わずに、直訳的な英文にする時には dificulty や consequence などの単語になるでしょう。

You will face difficulties.


ところで、「神に誓う」といった言い方は、例文のようなものの他にもいくつかあります。

By heavens.
In the name of God.
Cross your heart.

ページトップ