体がなまる、という英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

なまる(たるむ)

●次の日本文に合うように英文を完成させてください。

A: 毎日最低でも30分は歩きなさい。でなきゃ、身体がなまるわよ。
Walk at least 30 minutes every day, or your body will go ( ).

B: そうだね、でもそんな暇がないんだよ。
You’re right, but I have no time to do that.


※ at least 少なくとも


まずはヒントなど、何も見ずに考えてみて下さい。



【ヒント】
「固い」の反対は?


解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: Walk at least 30 minutes every day, or your body will go (soft).

B: You’re right, but I have no time to do that.


go soft で「身体がなまる」という意味のイディオムになります。

go は「行く」ばかりでなく、「~に至る、~の状態になる」などの意味でも使われるので、この表現を直訳的にすると「柔らかい状態になる」ともできます。

“身体が柔らかくなる"ということで、日本語であれば、身体が柔軟になって良い感じに聞こえますが、soft には「たるんだ、しまりのない」という意味もあるので、合わせて「身体がたるむ(なまる)」となるわけです。

さてそれでは、このイディオムを使わずに「身体がなまる」と表現したい場合は、他にどのように言えるでしょうか。

この場合は、長い間、運動をほとんどせずにいると体の動きが鈍くなるということですから、rusty(ラスティー)という単語が合うと思います。

そこで Your body will get rusty. と言うことができるでしょう。

rusty は、rust(さび、さびる)という単語の形容詞で、「さびた」という意味もありますが、そこから「動きが鈍った」という意味でも使われます。


その他には get out of shape という表現もあります。

ただ、shape には「姿、形」の他、人の健康や物事の状態などの意味もあるので、out of shape は、形が崩れているとか、健康状態が良くないような場合にも使われる表現です。

You shouldn't eat so much every meal. I'm sure you'll get out of shape.
「毎食そんなにたくさん食べない方がいいよ。きっと体が不格好になっちゃうよ。」


何かの技術を持っていて、長い間それを使わずにいると「腕がなまる」という言い方をすることがあります。

その場合には lose one's skill という表現が使えます。

I've lost my skill. I haven't played the guitar for a long time.
「腕がにぶちゃったよ。長いことギターを弾いてないんだ。」

ページトップ