猫も杓子も 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

「猫も杓子も、誰でも彼でも」は英語で何と言えば良いでしょう。

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 近頃は猫も杓子(しゃくし)もゴルフをするよね。
Every ( ), Dick and Harry play golf these days.

B: 君も始めたんだろう?
You’ve also started, haven’t you?


ヒントを見る前に少し自分で考えてみましょう。



【ヒント】

教科書にもよく出てくる西欧の人の名前が入ります。


解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: Every (Tom), Dick and Harry play golf these days.

B: You’ve also started, haven’t you?


たくさんの方が簡単におわかりになったかも知れませんね。

ただ、よくある西洋人の名前といってもたくさんあるので、逆に難しいかも知れませんでした。


さて、Tom は中学英語などの教科書にもよく出てくる名前の一つですね。

その Tom は Thomas を短くした名前のようです。

英語では、最初にくる名前を first name というのは皆さんもよくご存じだと思いますが、これは他に given name という言い方もします。

さて、この表現に使われる名前ですが、御覧のようにとても popular なものばかりです。

つまり、そこらへんでよく聞く名前を列挙することで、「誰でも彼でも」→「猫も杓子も」といった訳になるわけです。

もちろん、これら以外にも John や Mary といった、よく見受ける名前もあるので、それらを代わりに使っても面白いでしょうね。

最も簡単に言うなら everyone や everybody だけでも良いですね。

Everyone wanted to know about the comedian's affair.
「みんな(誰も彼も)が、そのコメディアンの不倫のことを知りたがった。」

また、everybody and his brother のように別の語句を付けて、とにかく誰でも彼でもというようにした使い方もあるようです。

しまいには everybody and his dog と犬までくっ付けて表現したりすることもあり、これを his cat としても独特で面白いかも知れませんね。

ページトップ