楽勝 英語イディオムで表現

英語イディオムで簡単日常英会話

楽勝で、楽々と、は英語でなんと言えば良いでしょう。

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 相手の選手は強かったかい。
Was the opponent strong?

B: 全然、楽勝で勝てたよ。
Not at all, I was able to beat him ( ) down.

※ oppenent 対戦相手 not at all まったく~ない、全然


★ヒントを読む前に、まずはご自分でしっかり考えてみて下さいね。




【ヒント】

ボクシングの試合で、ノーガードはどんな態勢でしょうか。


解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: Was the opponent strong?

B: Not at all, I was able to beat him hands down.


hands down で「楽勝で」と言う意味を表すことがあります。

ノーガードというのは手(hand)を下げて(down)戦うということで、ガードの必要もない程、余裕を持てって対戦できるといういうように考えれば、 hands down の意味がつかみやすいのではないかと思います。

実際には、ノーガードは一つの戦法として使われることもあるので、これとは少し違うかも知れません。

さて、このイディオムの語源は競馬から来ているとの説があります。

競馬(horseracing)では、騎手が馬のスピードや方向を操るために必死になって手綱を握っているわけですが、ゴール付近で圧倒的に他の馬との差があれば、手綱を緩めるように手を下していても余裕で一着になれるというわけです。

つまり without sweat「汗を流さずに」 easily「簡単に」などということです。

したがって、このイディオムを使わずに直訳的な言い方をしたい場合は、以下のように表現することもできるでしょう。

She won three straight titles easily at the eating contest.
「彼女は大食い大会で、楽々と3回連続でタイトルを取った。」


ところで、hand down とすると、高い位置にいる人から低い位置にいる人に、物を”手渡す”という意味で使われることがあります。

Please hand this pen down to him.
「このペンを彼に渡してやって下さい。」

ページトップ