三度目の正直 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

三度目の正直

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: やっとうまくいったよ。
I made it at last.

B: 三度目の正直だね。
Third time does ( ).


【ヒント】
超簡単な代名詞が入りますよ。

解答と解説

A: I made it at last.

B: Third time does (it).


何とも簡単な it を入れればよい表現でした。

今さら説明する必要のないことわざだと思いますが、「三度目には思ったとおりの結果が出てうまくいく」というような意味ですね。

さて、「三度目の正直」には Third time does the trick. という言い方もあります。

Trick は“トリック”です。

その他には Third time lucky. のような言い方もあります。

しかし、“二度あることは三度ある。”Why only two without three? ということわざもありますから、困ったものです。


ところで made it は make it の過去形ですが、これもよく使われる慣用表現の一つで、色々な状況で使えるとても便利な表現です。

「時間に間に合う」とか「場所にたどり着く」など、幅広い意味で使われています。

I didn't make it to the last train last night.
「昨夜は最終電車に間に合わなかったよ。」

Did you make it to school before eight?
「昨日は8時までに学校につきましたか。」

ページトップ