約束を破る 英語イディオムで表現しよう

英語イディオムで簡単日常英会話

約束を破るは英語何と言えば良いでしょう

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: ジェニーはまた約束を破ったのかい。
Did Jenny ( ) back on her word again.?

B: そうだよ、これで3度目だよ。
Yes, this is the third time.


ヒントを見る前に少し自分で想像したりすることも大事です。



【ヒント】
元に“戻る”のは良くありません。

解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: Did Jenny (go) back on her word again.?

B: Yes, this is the third time.


「戻る」という意味で go back と言いこともあるので、答えは go でした。

そして、go back on で「(約束などを)破る」という意味になります。
 
「約束を破る」という言い方では break one’s promise もよく使われますが、今回のように、簡単な単語を組み合わせた表現方法は、英語では日常的なものです。

また、word は「単語」という意味でよく使われると思いますが、ここでは「(人の言った)言葉」というような意味で使われています。

ところで go back は return 「戻る」という意味になるのですが、例文のように on を付けることで、「裏切る」や「取り消す」など、他の意味合いにもなります。

They had to go back on their first plan.
「彼らは当初の計画を取り消さなければならなかった。」

このように go を使ったイディオムなどは、他にもたくさんあります。

そして、それらは日常的にも非常によく使われていますので、ある意味、逆に英語学習者にとってはややこしくなるところでもあります。

例えば、go on = continue 「~を続ける」というのもありますね。

これは、この意味以外にも、次のような決まり表現でよく出てきます。

What's going on?
「一体、どうなっているの(何が起こっているの)」

このような、動詞+前置詞の形のものを、特に「句動詞」ということもありますが、たくさんあるのでその都度覚えていくようにして下さい。

ページトップ