八つ当たり、という英語表現を覚えよう。

英語イディオムで簡単日常英会話

八つ当たり

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: これ嫌い、あれも嫌い、何もかも大嫌い。
I hate this. I hate that too. I hate anything and everything.

B: オイ、俺に八つ当たりするなよ。
Hey, don’t ( ) out on me.


【ヒント】
t から始まる簡単な動詞が入ります。


解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: I hate this. I hate that too. I hate anything and everything.

B: Hey, don’t (take) out on me.


take out on で「~に八つ当たりする」という意味になります。

このように、動詞に前置詞や副詞が付くものは、よく句動詞(くどうし)と呼ばれ、もとの動詞の意味とは全く異なった意味を表すことがあります。

例えば take out だけだと、ハンバーガーやピザなどの食べ物をお店から「持ち帰る」という意味で使われることもありますが、「(物を)取り出す」や「(人を)連れ出す」など、他にもたくさんの意味があります。

I want to take out that cute girl someday soon.
「いつか近いうちにあの可愛い女の子をデートに連れ出したいなあ。」

これを take out on that cute girl とすると「あの可愛い女の子に八つ当たりする」となってしまいますね。

「八つ当たり」に当たる英語は他にも vent the anger などいくつもあります。

My mother suddenly started to vent the anger at her cat.
「母は突然飼い猫に八つ当たりを始めた。」

これは「怒りを吐き出す」とも訳せるので、take out on よりは分かり易いかも知れませんね。


ついでに、「何もかも」という anything and everything も覚えましょう。

これは everything だけでも十分にその意味を伝えられますが、このようにわざわざ語句を増やして同じ事を表現する英語はたくさんあります。

「無事に」は簡単に safely でも良いのですが、safe and sound と言う場合もよくあります。

We returned to the land safe and sound.
「我々は無事にその地に戻って来た。」

ページトップ