優等生、を英語イディオムで表現しよう!

英語イディオムで簡単日常英会話

優等生を英語で言うと

●次の日本文に合うように英文を完成させてください。

A: ミカは医者になったそうだよ。
I hear Mika has become a doctor.

B: 高校生の時、彼女は優等生だったからね。
She was an ( )-student in high school.


★ヒントを読む前に、まずはご自分でしっかり考えてみて下さいね。


【ヒント】

アルファベットが大文字で入ります。優秀な生徒が貰う評価記号ということです。

※ in high school 高校生の時

解答と解説

A: I hear Mika has become a doctor.

B: She was an (A)-student in high school.


大文字の A を入れます。

発音は「ア」ではなく「エイ」となるので、会話の時には注意して下さい。

さて、この表現は、一番成績の良い評価が A ということで A-student は「優等生」になるということです。

「優れた、優秀な」を表す単語は excellent, brilliant などたくさんあると思いますが、「優等生」という言い方では、今回の表現以外にも、ある程度決まった言い方があります。

例えば、an honor student という表現です。

honor は、その基本的な意味として「栄誉、名誉」という形で使われることが多いですよね。

また、a model student と model(模範となる)という単語を使って表現することもあります。

では、簡単に a good student としたらどうでしょうか。

これだと「良い生徒」ではあっても、いつも、「成績が良い生徒」とは取られないかも知れません。

そこで、good を最上級にして the best student という言い方もあるようです。

Takeshi was the best student in my shool.
「タケシは私の学校で一番優秀な生徒だった。」

これも簡単に出てきそうな表現ですね。

ページトップ