人付き合いが良い 英語イディオム

英語イディオムで簡単日常英会話

人付き合いが良いを英語で言うと

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: 広田さんが昨夜亡くなられたらしいよ。
I heard Mr. Hirota died last night.

B: あら、それは残念なことね。人付き合いの良い人だったのに。
Oh, I’m sorry to hear that. He was a ( ) person, though.

★ヒントを読む前に、まずはできるだけ自分でいろいろ考えてみて下さいね。



【ヒント】
person がたくさんになって普通複数形で使われる単語が入ります。

解答と解説はこの下にあります。

解答と解説

A: I heard Mr. Hirota died last night.

B: I’m sorry to hear that. He was a (people) person, though.


person がたくさんになると、その複数形で persons になるのですが、この場合は決まった言い方なので people が入ることになります。

people person なんて面白い表現ですよね。

直訳すれば「人々人」なんてことになりますよね。

これで「人付き合いの良い人、人気者」などの意味で使われているわけですが、語源のようなものが分からないので、いまいち覚えにくいかも知れません。


「人付き合いの良い」を表す言葉は他にいくつもあり、一語で言えば sociable という単語も使えます。

My brother looks shy, but in fact he is very sociable.
「僕の兄(弟)は照れ屋に見えるけど、実はとても社交的なんだよ。」


ところで person と people は単数と複数の違いということだけではありません。

person を persons にすると複数形にはなりますが、people よりもフォーマルな言い方になり、「人々」という意味で複数として使う場合は、people が一般的に選択されます。

There were a lot of people in the park to see cherry blossoms this year too.
「その公園には今年も花見のための人たちがたくさんいました。」

また、people には「人々」という意味だけでなく、「国民、民族」などの意味もあるので、この場合には peoples とさらにs が付くこともあります。

Those peoples in the region are very friendly.
「その地域の(民族の)人たちはとても親しみやすいですよ。」

peoples と複数形にすることで、違う民族の人たちの事を言っていることが明白になります。

ページトップ