保存期限 賞味期限 英語イディオム

英語慣用句

保存期限、賞味期限は英語で何と言えば良いでしょう

●次の日本語に合うように英語を完成させてください。

A: この食品はまだ食べられると思うかい。
Do you think you can eat this food yet?

B: うーん、どうも保存期限は過ぎているようだね。
Well, looks like it’s beyond its ( ) life.


ヒントを見る前にいろいろな単語を考えてみましょう。




【ヒント】

一般的に食器や本などの物を置くところです。


解答と解説はこの下にあります。


解答と解説

A: Do you think you can eat this food yet?

B: Well, looks like it’s beyond its (shelf) life.


life には「有効期限」という意味もあります。

そこで shelf life は、直訳で「棚の有効期限」ということで、「保存期限」となるということですね。

また、「消費期限」や「賞味期限」という区別しにくい言葉もありますね。

消費期限や賞味期限には、a used-by date や freshness date, a best-before date などのいろいろな言い方があり、これらは何となく分かりやすですね。

この両者共通な言い方として などもありますが、

A:You shouldn't eat old food eh?
古くなった食べ物は食べない方がいいんじゃない。

B:I don't care if it is past the expiration date.
俺は期限が切れていたって構わないよ。


商品には "best before" と刻印されたラベルの下に日付が刻印されていることがあります。

例題も含め、イギリスやオーストラリア、アメリカなどでも、それぞれの使い方に違いがあるようです。

現在、日本では「消費期限」と「賞味期限」の2つの表示法があります。

どちらとも、その期限が過ぎれば品質に問題が出てくるのですが、消費期限の切れた食品は食べない方が無難なようです。

一方、賞味期限は、その期限が多少切れていても食べられますが、味などの品質が落ちている可能性もあるということのようです。

少し混乱しそうですが、「消費」と「味」というこで簡単に整理しておくと、英語でも伝えやすくなるでしょう。

The taste is funny. It's gone bad, I guess.
「この味は変だな。腐ってるんじゃないかな。」

go bad は「腐る」というイディオムですので、これもついでに覚えてみましょう。

アルクのオンラインショップ
英文法、英会話など、いろいろな方法で自分に合った英語を学べる教材がここにあります。

ページトップ